11月 112012
 

読売の書評(2012.11.11)からメモ

「これまでの雑誌作りは編集者の感性頼りだった。ある程度は法則化できるはずというのが発端だった」

見逃されているが鉱脈のある市場

1 まず、その市場に「絞り込む」

2 売りたいターゲットとは無縁の層を「巻き込む」

3 広く存在を知らしめる

4 理想と現実の落差を認識させる

5 頑張ればあこがれに手が届くと思わせるよう受け手を「揺り動かす」

「雑誌が提起したライフスタイルが、共感を呼べば、必ず関連する市場が活性化する。
その恩恵を受けることで、読者はそれまでより幸せになれる。
そんなプラスの連鎖」

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。