11月 132012
 

石原慎太郎の新党は、太陽の塔、いや「太陽の党」かぁ。
なんだか、昭和チックだな。

でも、昭和世代が得票ターゲットだからいいのか。
古きよき昭和、太陽の季節、太陽族、大阪万博。

太陽の塔といえば、大阪万博のようだが、わたしら若い世代(わたしはもう若くはないが)にしてみれば、こっちの印象が強いよね…。

ともだち
20世紀少年

これは傑作だよね。
誰が何と言おうと言うまいと、わたくしは『20世紀少年』は文学作品だと主張している。
浦澤直樹の表現方法が、絵(漫画)だったというだけで、作品性はもはや文学。

いつかノーベル文学賞に、マンガが登場しないかなぁ。

太陽の党かぁ、「北風と太陽」も意識しているのかな。

昔好きだったこの曲

こんなの流してくれたら、きっと若い人も「太陽のおっ党」に投票しちゃうかもよ。
立ち上がれ、太陽の塔!

と言っても、読売の一面に、石原新党「太陽の党」と一緒に、もう日暮里から見られなくなる「ダイヤモンド富士」の記事が並んでいるのが、なんだか前途を占っているいような気がします。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。