11月 202012
 

オリエンテーションで提供されるような資料には、物理的な特徴や性能、あるいはそこから派生した直接的な価値については書かれているでしょうが、物語りはほとんど書かれていません。

ぼくらの仕事は、そうした資料や情報から、物理的な特徴や性能だけでなく、誰にも気づかれずにまだうちに秘めたままになっている特徴や性能をも読み取り、それが世の中に対してどういう意味を持っているのか、どういう価値を生み出してくれるのかを具体的に描いて見せることです。(P66)

“幸せな驚き”が人を動かす

安藤輝彦

これはある意味「市場」を作り出すという発想でもありますね。

アドセンスサイトを作るさいに、 ニュービジネス のかたちにした方が良いと言及した。

ニュービジネス=新しい市場というわけだ。

そして、そこに「幸せな驚き」という要素を落とし込む。
というよりも、ニュービジネスが事業化できるかどうかは、この“幸せな驚き”があるかどうかなんじゃないかな。

起業したがる人って、自分のやりたいことをやろうとしている人が多い気がする。
でも、それは、自分の「幸せ」や「驚き」だったりする。

そうではなくて、大切なのは顧客の“幸せな驚き”
そして、“幸せな驚き”が人を動かす

なるほどですね。

アフィリエイトサイトを構築する際にも、この“幸せな驚き”という要素のあるサイトにすべきだろう。
というよりも、やはり稼いでいるサイトは、自然にそのようなサイトになっている。

ハイレベルなクリエイティビティーが必要ということだな。

※おまけのメモログ

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。