11月 272012
 

最近政治ネタばかりでおもしろくないですね…。

と、思ってくれている読者もいないと思うので、またまた政治ネタです。

脱原発はこれは誰もが望んでいるし、逆に脱原発しないと言っている政党は、あるの?自民?言ってる?

ということは、正論をぶちあげて、それで票を集めようとしている「錦の御旗」に思えてならないのです。

もちろん、脱原発をかかげることに異議はないのですが、このようなものこそ「マニュフェスト」をつくって、工程表にして、経済状態や現実的な廃炉計画などを全面に打ち出すべきだと思うのです。

そうすれば、この政党の脱原発計画ならば、現実的に可能だろうという判断ができます。
しかし、今の「わが党は、脱原発です!!」と声高に言われても、それは先の民主党の「米軍基地は、最低でも県外」と同じになります。

しかも、始末に負えないのが、脱原発を掲げる第3極の政党は、おそらく政権の座につけないでしょう。
ということは、民主党の「米軍基地は、最低でも県外」と違って、反証すら出来ないのです。

脱原発を掲げ政治家になりました。
それを実現させるために頑張ります。
実現するまでは困難です。
でも、頑張って脱原発を実現させますので、応援してくださいね。

これこそまさに「ポピュリズム」ではないのでしょうか?

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。