12月 032012
 

SEO対策は、しようと思っても知識がないのでできないが、テクニカルな対策はこれからはますます危険になると思う。

昔の本に書いてあった自分でもできる自サイトへのリンクは、完全にグーグルの神様にダメだしされて、モイラのサイトも弱くなってしまった(。・ω・)
※もともと、強くはなかったが…

パシさんが常々言っているように、これからのSEO対策はロングテールだと思う。

まぁ、今までもそうだったんだろうが。
※パシさん→http://afi8.com/blog/

結局のところテクニカルのSEOが悪いのではなくて、テクニカルなSEO対策をするサイトの質はどうなのか?ということだと思う。
サイトの質・量ともに充実している、もしくは、充実させようと考えているサイトならばテクニカルなSEO対策をする必要性はない。

つまり、テクニカルに=楽に、検索上位にサイトを持って行きたい人のサイトが良質なサイトかと言えば、おそらく楽に作ったサイトだから、良質である可能性は低い。

まぁ、中には良質なサイトもあるかと思うが、ゴミ記事ばかりのサイトの比重が大きければ、グーグルさんとしては、いっせいに掃除してしまった方がネットユーザーから喜ばれるので、掃除しちゃうんだと思う。

しかも、テクニカルでSEO対策をしているということは、テクニカルな掃除方法で対処できるので、これはグーグルさんとしてもやりやすいでしょうね。

ということで、地味だけど、コピペなしでコツコツとキーボードを叩いて、有益な情報を溜めていくというのが、これからの優れたSEO対策となると思います。

「自信のあったサイトがあまりにもクリック率、コンバージョンが悪いので、女性のための的なヘッダーに変更したら大幅に改善。男性訪問者が多いので、おっちゃんの専門的な~感じでいけると思ったのが失敗。やっぱり専門的なおっちゃんよりも主婦なのか。ヘッダーの変更だけで記事はそのままなんですがw」

というようなメモをどこかで拾いました。
ツイッターかな?
SEOに力を入れるよりも、記事を溜めたり、こういうサイトの工夫をする方が、サイトの地盤を固める意味においてもよいのかな?
というのが今のところのアドセンス観ですね。

まぁ、モイラはアフィリエイトではなくて、アドノセンスがメインなので、他のアフィリ栄太の人とは考え方が少し違うのかもしれませんが(。・ω・)

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。