12月 042012
 

いよいよ選挙戦が始まりましたね。

と言っても、いつもの選挙カーで、候補者の名前を連呼、連呼、連呼…の声を聞いて、あぁ、また始まったんだな、と思う次第であります。

もういい加減、この手の選挙運動はやめにしましょうよ。
ネットを自由に使えるようにすれば、公害的な選挙カーによる無駄な連呼は少なくなるかと思いますよ。

前回の選挙では、モイラは浮動票の例にたがわず、小選挙区は民主の人に入れました(。・ω・)
比例はどこだっけかな?白票かな?

今回は、また浮動票の例にたがわず、自民の人に入れると思います。
比例は維新かな。

それでまた、文句言われるんだろうな、自民の政治にしてどうするんだ?!というように。

もちろん直接誰かに言われるわけではないけど、前回の選挙で民主党政権を選んだ時のように間接的に「有識者」の方たちから、メディアを通してネチネチ言われるんだろうな、と今から予感しています。

今、選挙前で、あなたのその1票が日本を変えます。
ぜひ正しい選択をしてください。
というようなことをメディアや「有識者」は言います。

逆に聞きたい。
じゃ、有識者さんよ、いったい、誰と誰が選らばれたら、あなたのおっしゃる日本を変えるための正しい1票になるのか?

あなたの正しい選択が日本を変えるのです!って簡単に言っちゃっている人は、北海道から沖縄まで、この人たちが小選挙区で選ばれ、比例ではこの政党がこの議席数になるのが、日本にとって一番の正しい選択です。
というのを、もちろん、個人の論拠でいいから示してもらいたい。

政治家はこのメンバーで、この政党の割合でって、せめてシミュレーションも示せないのに、こっちのせいみたいに言われるのは、本当に心外です。

と考えていくと、今は誰が政治をやってもあんまり変わらないんじゃないか?という一時的結論に達したため、政策ではなく構造改革をすると言っている「維新の会」に、わが1票を託したいのです。

とはいうものの、維新の会には1票入れたいけど、比例の名簿で北関東の第1位は、上野宏史氏。
この人、元「みんなの党」ですよね。
維新の会には入れたいけど、上野氏には入れたくない場合のこのジレンマはどうしたらよいのだろうか?

比例の場合は、もう政党に1票ということでいいんじゃないのかな?
つまり、国会議員はいないけど、政党に1票あって、それを国会で使うって感じ。
結局、比例でほしいのは国会での多数決のための数なんでしょ?
いざとなったら政治は数!って橋本さんも言ってなかったっけ?
だったら、そこに政治家という人はいらないでしょう、比例の場合はね。

しかも、上野氏は小選挙区で1区から出馬。
小選挙区で負けても、比例で復活するという以前から言われている悪弊。
復活当選はおかしいよね、これが民意なの?

こんなところにも比例選のジレンマがあり、これからの約2週間、もんもんと悩みます。

あなたの1票が日本を変えます!
みなさんも正しい選択をしてくださいね(。・ω・)ノ゙

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。