12月 162012
 

みなさん、投票には行きましたか?
モイラは出勤前に行きますたよ(。・ω・)ノ

引っ越し後、初めての投票所だったので、ちょっと緊張しましたねf^_^;
なにも悪いことをするつもりもないのに、いい大人が小学校に行くというのは、ちょっとドキドキします。
子どもでもいれば別なのでしょうが・・・子どもどころか結婚すらまだです(ノД`)。。。

さて、今回の衆議院選挙は、前回よりも投票率が悪そうですね。
それを少し分析してみました。

今回の選挙は前回の民主の時とは打って変わり、自民にまかせよう、というより、民主ダメじゃん→自民圧勝、という図式化と考えられます。

ということで、前回、民主に入れたいわゆる無党派層の浮動票がないのかと考えられます
つまり、勝ち馬的に自民に入れるのも嫌、だからといって民主や他の党に入れて、死に票にするのも嫌。
だから、選挙には行かない→投票率の低下、ということだと思いますね。

なぜなら、その気持ちはよおおおくわかるからです。
モイラだって、同じ気分ですもん(。・ω・)

これは結構言われていることで、自論でもあるのですが、白票の分だけ議員を減らすことはできないものですかね?
Aさん8万票、Bさん6万票、Cさん2万票、白票10万票となると、そこの選挙区では議員はいらないということになり、次の選挙まで議席を没収ート。

これの方が議員定数の削減がわかりやすんじゃないのかな?

そもそも、今の政治体制・選挙態勢では、「小さい政府」主義者の意見が反映されません。
自民党の大きな政府がいいのか?それとも民主党のもっと大きな政府がいいのか?という候補者しか立たない、立てない2大政党制の形では、おかしいですよ。

もちろん、小さい政府の弊害もたくさんあります。
ですから、わたしとしても小さい政府の固定化には反対です。

ただ、今のような何でも国や政府・自治体がやりますよ、というのは、ちょっとおかしな世界です。
もちろん、それを支えるために給料の6割は税金、ということでよければ可能ですが。

大きすぎる政府をコンパクトにするための、小さい政府への転換
それは当たり前だと思うんですけどね。

今の政治は、Aがいいですか?それともBがいいですか?と言ってるのです。
これは、食欲のない人に、ラーメンがいいですか?それともカレーにしますか?と聞いているのと同じことなのです。
答えは明瞭ですよね、つまり、食べたくない人は食べなくていい
ただそれだけです。

さて、太田の選挙結果はどうなるでしょうか?
下馬評では、笹川博義さんがリードでした。
まぁ、保守王国のグンマーですから、その通りになるのでしょうね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。