12月 182012
 

「信夫先生に言われた量よりも練習しちゃっていました。22歳だけれど、子供のころに比べたら体の変化は、感じたくないけれど少しずつ感じている。疲労の限界があって、痛みに出てくるようになった。体がもう子供ではないんですね」

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO49506750T11C12A2000000/?df=4

まおちゃん、まおちゃん、言ってたけど、彼女ももう、22歳なんですね。

スポーツ選手に腰痛はつきものですけど、フィギアスケートのような、思い切り腰をひねるスポーツというのは、そうとう腰に負担がかかります。

ゴルフの石川遼君も、ずっと腰痛に苦しんでいましたね。
もうよくなったかな?

スポーツ選手の腰痛の原因は、ズバリ使い過ぎ。
しかも、トップ選手は、もう子どもの頃から練習&練習の日々でしょうから、それはもう体中ガタガタな人が多いでしょうね。
ですから、スポーツでプロとしてやっていくのに、一番重要なのは、体の丈夫さということになります。

いくらメンタルが強くても、体が弱いとダメですからね。
そのいい例が、イチローでしょうね。

イチローのなにがすごいかって、まったくケガをしないということ。
結局、病気で試合に出なかったのワールドクラシックベースボール(WBC)の時の、ストレス性の胃腸炎の時くらいじゃないのかな?
あんなにお菓子大好きな偏食家なのにね(。・ω・)

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。