12月 232012
 

ブログで事実無根の記載、姫井氏が謝罪文
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/national/20121222-OYT1T00145.htm(※リンク切れ)

【衆院選千葉8区で落選した日本未来の党の姫井由美子氏(53)が自身のブログに「読売新聞販売店(YC)が、私の政策ビラの新聞折り込み半分を捨てた」などと事実無根の内容を記載し、読売新聞の抗議を受けて、21日、問題の文章を削除した上で謝罪文を掲載した。

 姫井氏は20日夜、千葉県内にある読売新聞の販売店従業員を名乗る匿名の内部告発の電話を受けたとした上で、「内容は、政策ビラの新聞折り込みを、自民党の候補のは全部折り込んだが、私のは半分捨てた!というものだった」などとブログに書き込んだ。

 姫井氏は匿名の電話の内容を販売店に全く確認していなかった。読売新聞が調査したところ、姫井氏の政策ビラは全ての読者に配達されていた。

 読売新聞の抗議を受け、姫井氏は自身のブログで、「12月20日に、私のブログで、YCの内部告発について掲載いたしました。この内容につきましては、事務所への1本の電話を元に記載したものです。しかしながら、充分な事実確認の調査を行わないままで、ブログ掲載をしてしまいました。YCの皆様をはじめ、多くの真面目に職務を全うされておられる販売店の皆様、読売新聞社の関係者の皆様方に多大なご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫わびいたします。」と謝罪した。

(2012年12月22日01時28分 読売新聞)】

姫井さんて、「姫の虎退治」って騒がれたあの姫井さんですよね?
この人、千葉だったっけ?

「ビラを半分捨てた!」って、現場を知らなさすぎですよね?f^_^;

自分もそんなに新聞配達所の現場は知らないですけど、よく新聞販売所の人と話はするので、なんとなくはわかります。
「半分捨てる!」というそんな面倒くさいことはやりませんよ。
そもそも、仕事なんですから、どんなチラシでもやるでしょう。

だいたい、「これは誰々のチラシで、へ~、こっちはこの会社のチラシね~」なんて、チラシを見ながら、せっせと新聞に折り込んでいく…なんて、そんな流暢なことをやっている現場じゃないでしょ?!

新聞は配達のリミットがあるんだから、折り込みチラシの作業なんてのは、もう流れ作業もいいとこでしょ。
それをわざわざ半分捨てるなんて、そんな面倒くさいことできせん。

(元)議員さんなんだから、どうせ読売に食いつくなら、大タブーである「押し紙」について食いつきなさいよ。

例えば、その地区の読売新聞の発行部数が10万部で、折り込み広告を10万部入れたのに、あきらかに8万部しか入っていないのは、どういうことか?
本当に、その地区の家庭10万世帯に、10万部の読売新聞が届けられているのか?
そもそも、自称1000万部という読売新聞の発行部数は、実数なのか?それとも、印刷しているだけの部数なのか?

などなど、そんな感じならば、まだ、知的でおもしろかったのですけどね(;^_^A

電話1本もらって、それを信じちゃうというのは、公務につこうとする人としては、ちょっと怖い話ですね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。