12月 232012
 

読売新聞・日曜版(2012.12.23)
以下【】引用

秋元康のコラムが、またまたおもしろい。

目標は書き換えてもいい、大ざっぱでもいい
とりあえず、歩き出そう

AKB48が結成され、そのブログのタイトルを決めた時の話。
【「どんなタイトルがいいですかねえ?」と聞かれたので、
「何か、目標みたいなものを掲げた方がいいな」と答えたら、
「東京ドームまでの軌跡」に決まった。】

東京ドームまでの軌跡
今は、「AKB48 オフィシャル・ブログ」になっているようです。

http://ameblo.jp/akihabara48/

【“一度、決めたら、意地でもやり遂げる”ことは大事だと思うが、そんな意志の強い人間はほんの一握りだ。
たいていの人は、“挫折” “あきらめ” “後悔”を繰り返す。

だから、何度、目標の途中で挫折しても、また、やり直せばいい。
つらかったら、自分の都合で違う“目標”を掲げればいいのだ。

前言をひるがえしながら、人は成長する。】

う~ん、なかなか深いいお話です。

ちなみに、NMB48のメンバーが何人か辞めたそうですね。
でも、秋元康さんが言うには、「また、戻りたくなったら戻ってこい」とのことです。
もちろん、特別扱いをするのではなく、オーデションを受け直し、それに受かればということですけど。

ちょっとくらい目標からずれてもいいいじゃない、また、やり直せば、ということですね。
ただし、辞めた後でも、努力をしていなければダメだよ、現実社会はそんなに甘くはないよ、という厳しさも同時にあるのが、秋元さんのすばらしいところですね。
AKB48を見ていていも、それはひしひしと感じます。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。