12月 262012
 

福島の子供に肥満急増、原発避難で運動不足か
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121226-OYT1T00011.htm?from=ylist

【肥満傾向にある子供が福島県で増えていることが25日、文部科学省が発表した今年度の学校保健統計調査で分かった。

男女を合わせた肥満の比率は、5~9歳の各年齢で全国で最も高く、10、11歳も2位だった。同県教育委員会は「原発事故後、避難生活や屋外活動の制限が長く続いたことによる運動不足やストレスが原因」とみている。】

これはもう原発事故の当初から懸念されていたことですよね。
「放射能」のこわさは、実はこういうことなのです。

「放射能は、ただちに健康を害することはありません」

ただし、放射能に対する過剰反応による「ストレス」や「運動不足」が、結果、健康に対し多大な悪影響を及ぼします。
こと肥満にかんしては、これはすぐに病気とつながりかねない病因の1つです。
放射能で病気を発症するより高確率で、糖尿病や高血圧・高脂血症などの病態になります。

これはもう、ほうとうに当初から言われていました。チェルノブイリの原発事故でも、直接の健康被害は「ストレス」によるものでした。

まぁ、原発事故からくるストレスも、東電の責任と言ってしまえば、すべて「放射能」が悪い、すべて「東電」が悪いということになりますがね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。