大阪 桜宮(さくらのみや)高校の体罰自殺の問題点

 雑駁  大阪 桜宮(さくらのみや)高校の体罰自殺の問題点 はコメントを受け付けていません。
1月 112013
 

「これまで育ててくれてありがとう。バスケットをさせてもらって感謝している」。ルーズリーフに記した遺書には家族への気持ちがつづられていた。自殺を選んだことは「ごめんなさい」とも-。全国大会常連校のバスケットボール部の主将となってわずか3カ月、男子生徒は17年という短い命を絶った。

出身中学の教頭によると、小学生の時に地元のチームに入り本格的に競技をスタート。中学では副主将として部員をまとめた。休みの日も自主練習を欠かさず、プレーヤーとしても活躍していたが、大会では地区の2位にとどまり悔しい思いも。「もっと強い学校で続けたい」との強い気持ちが強豪・桜宮高への進学をかなえた。

両親からの教えは「文武両道」。高校でも厳しい部活動をこなしながら学業も両立させ、成績は上位だったという。

産経ニュース
主将就任3カ月、命絶つ 「バスケさせてくれ感謝」
2013.1.11 11:32 より

Continue reading »

ツイートツイート