4月 202013
 

将棋電王戦、第5局もソフトが勝利 団体戦、人間が敗北

【深松真司】将棋の現役プロ棋士5人と五つのコンピューターソフトが団体戦形式で戦う「第2回電王戦」の最終第5局が20日、東京・千駄ケ谷の将棋会館であり、ソフト「GPS将棋」がA級棋士の三浦弘行八段に勝った。ソフト側の3勝1敗1分けとなり、人間側の団体戦敗北が決まった。

人間側は第1局で先勝したが、第2局で現役プロが公式の場で初めてソフトに敗北。第3局も逆転で敗れ、第4局はかろうじて引き分けに持ち込んだ。

GPSは昨年の世界コンピュータ将棋選手権で優勝したソフト。名人挑戦権を争うA級棋士の一人、三浦八段を相手に正確な寄せを見せた。コンピューターが著しい進歩を遂げ、トッププロをしのぐ強さにまで達したことを示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130420-00000006-asahi-ent(※リンク切れ)

昨日の電王線で、A級のプロ棋士三浦弘行八段がコンピュータソフトに破れました。
それを受けて、今後懸念されるのが、コンピュ―タソフトを使った“カンニング”です。
2ちゃんでは、「ドーピング」とも呼ばれていて、その方がふさわしいかもしれません。

プロ棋士の人が、そうそうそのような卑劣なことをするとは思えません。
しかし、懸賞が何千万にもなる棋戦もあるので、どうなるのかはわかりません。

また、プロになる前の奨励会の方がもっと懸念されるかもしれません。
あと1勝すればプロになれる…といった時に、はたしてドーピングの誘惑に勝てるのか?

まぁ、わたし個人としては、コンピュータと人間が組んだタッグ戦やコンピュータVSプロ棋士3人の合議制などの将棋を見てみたいので、あまり過剰に反応しすぎるのもどうかと思います。

単に将棋好きにとっては、勝敗という結果ではなく、その内容に興味があるのですから。

以下、2ちゃんねるより

>コンピュータ将棋にはまだそういう高機能のU/XやI/Fはないと思う

今回の5つのソフトを作った人らなら、すぐに作れそうだが。
ソフトと対戦して、
こちらの指し手が50点未満なら「悪手」と表示され、最善手が示される
50~69点なら「疑問手」
70~89点は「緩手」
90点以上の手じゃなければ画面が赤に染まり最善手が表示される
とか

最善の棋譜が人間では出せないとわかった以上、
棋士の棋譜に金をかける価値はない。

つまり、長時間の棋戦は意味がなくなり
すべてのタイトル戦がNHK杯並の早指しになる。

棋譜の良さではなく、安っぽい人間対人間のドラマなら
それで充分だろ。

もちろん、タイトル戦の賞金も100万程度。
将棋で遊んでもらえるかねなんてそもそもそれでも多いくらいだよ。
ソフトより弱いのに。

「プロの間で結論が出てる定跡」というのも怪しくなってくるね
なぜならプロの間での結論は「勝率」に依存してるから
この戦法は勝率が低いから廃れる
この手筋は勝率が低いから指しにくい
そういうのが結論として通用してきて戦法や手筋の流行り廃りがあった

ソフトが純粋に評価すると一見無理な攻めでもちゃんと指せば繋がる攻めでした、
っていうのが今回の電王戦では頻発している

今までプロだけでブラシュアップしてきた将棋が、これからはPCが手伝ってくれる。
だから将棋はもっと進化する。そして人間もより強くなる。

問題なんて何も無いよ。

いくら何でも今だに羽生世代が幅を利かせてる現状は異常でしょ。
野球なんて練習方法と用具の進歩で今や高校生でも150キロ出せちゃう時代だ。
将棋もそう風になったらもっと面白くなるだろう?

ソフト相手に腕を磨いたニュータイプが将棋界にカチコミ掛けて羽生世代を蹴落とす。
そんな未来も悪くないさ、そう思わないか?

(´・ω・`)10年後の予想

棋力はそこそこだが軽妙なトークを交えながらソフトが指す手を
面白く又はもっともらしく説明出来るタレント棋士・評論家棋士
何とか5手詰めが解ける程度の棋力だが「ソフトの代指し」や客寄せで
貢献するルックスのいいアイドル棋士が主流になっている

彼らは人気さえあれば奨励会をクリアする必要も連盟所属である必要もない
プロはプロでも「将棋タレントプロダクション所属」であり連盟のような
「中途半端な実力派」よりこちらの方が人気が出ている(´;ω;`)

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。