5月 032013
 

ホリエモンのビジネス4原則を、自分のと比較してみた

堀江貴文のビジネス4原則
1.小資本で始められる
2.在庫がない(あるいは少ない)
3.利益率が高い
4.毎月の定期収入が確保できる

私(内藤忍)のビジネス原則
1.収入ゼロでも5年間は普通に生活できる
2.撤退が容易である
3.収入源を10以上持つ
4.「ドサッ」ではなく「チャリン」を目指す
5.楽しく好きなことを好きな人たちとやる
6.社会に変化を与え、人生を変えるお手伝いをする
7.オンリーワンの価値を提供する

http://blogos.com/article/61492/

内藤忍の公式ブログ
http://www.shinoby.net/

まぁ、今の時代、目指すは堀江さんのビジネスモデルでしょうね。
いわゆるモノではなく、サービスや情報、付加価値を売るということでしょう。

結局のところ、人ってモノではなく、納得にお金を払うと思うんですよね。
100万円でも高いものは高いし、200万円でも安いと感じれば、喜んでお金を払う。

例えば、葬儀なんてそうでしょうね。
金額の大小ではなく、納得の大小で葬儀費用の印象って変わると思うのです。

まぁ、1~3をクリアしたところで、4の毎月の定期収入っていうのが、これまた難しいんですよね。
想定しているのは、メルマガのようなものでしょうか。

内藤さんのビジネス嗜好もいまどきの感じですね。
大きな資本を入れるとどうしてもそれにかける比重が大きくなるので、ともすると「コンコルド」になってしまいます。

また、これからの時代は、気の合う仲間と社会のためになるような事業をするというのが、新しい仕事のありかたの1つになるような気はしますね。

そのようなつながりにこそ仕事のおもしろさを見出す時代になりつつあると思います。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。