5月 102013
 

「毒出し療法」なる治療法を紹介している先生より、抗議のメールをいただきました。

赤い斑点や曲線が次々現れてヘルニア痛、坐骨神経痛が即消える「毒出しオイル療法」
http://youtuu50.iinaa.net/youtuu50-13.html

このわたしの個人的意見に関して、「名誉棄損」と「営業妨害」を訴えられそうになっています。
もし仮に、サイトの内容がそのような「名誉棄損」や「営業妨害」にあたるならば、削除や訂正はもちろん行うつもりです。

しかし、そもそもこちらの「毒出し療法」なるものは、消費者保護の観点から、果たして正当なのか疑問に思ったので、メールをいたしました。

1 そもそも「毒出し療法」は真実性が認められるのか?

2 ホームページでは「治療法」とうたっているが、こちらの先生?の経歴では、医師法に違反にあたらないのか?

3 「一般的にほとんど回復が無理だといわれる症状でも劇的に回復した例は数え切れません。」などという表記(他にも多数)は、景品表示法違反にはあたらないのか?

そもそも、医師資格のないものが治るような文言をならべ、営業活動していること自体、これは消費者にとって悪しきことかと思いましたのでメールしました。

また、あちら様は、セミナーなども開催しているようなので、あちら様のサイトを十分に検分し、広く消費者様のお役に立ててください。

あちら様のサイト
延命堂 
http://www.enmeido.biz/

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。