5月 242013
 

使えそうなネタをメモ

20%を味方につける講義をしよう
事業にしても、ビジネスにしても、ブログにしても、万人を喜ばせようとすると、無難でおもしろみのないものに落ち着いてしまう。
だから、むしろ一部の人には嫌われてもいいので、一部の人から圧倒的な支持をうけるようなやり方が良いということ。
どうせ、嫌われる人には嫌われるので、わざわざそのような人たちにまで好かれようとして、潜在的な味方まで失うことは愚行である。

難しい内容をわかりやすく説明する 3ステップ
概要→噛み砕き→専門用語

熱意によって人は動く
簡単行動とこあせり

人を動かすためには、こちらの熱意が重要である。
また、人が実際動くときというのは、それが簡単なことほど動きやすく、きっかけとして「こあせり」(=ちょっとだけ急がなくてはいけない状態)の方が動きやすい。

この視点というのは、重要ですね。
簡単なことほど動きやすいですが、簡単にやれるのだから後回しにもされやすいです。
そこで、ちょっとした「こあせり」の状態にしてあげれば、動くことへの動機づけとなり、それによって人が勝手に動いてくれるという結果が生まれそうです。

多田健次さんのブログ
資格のキャリアデザイン研究所

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。