客観的事実と心的事実

 情報収集  客観的事実と心的事実 はコメントを受け付けていません。
6月 122013
 

先週の「からくりTV」か何かで、客観的事実と心的事実という用語がでてきました。

例えば、女性は自分から男性を誘っていたにもかかわらず、自分がその人のことをあまり好きではなくなってしまうと、客観的事実が塗り替えられ、男性の方が自分を誘い、自分は嫌々デートをした、という事実が自分の中にできてしまうそうです。

それはどうしてかというと、女性は客観的事実よりも心的事実に重きが置かれてしまうためだからということです。

Continue reading »

ツイートツイート

読売新聞の記事 高齢化により、狩猟者減少

 世界の飢餓をなくすために群馬のイノシシを食べよう  読売新聞の記事 高齢化により、狩猟者減少 はコメントを受け付けていません。
6月 122013
 

狩猟者減少 高齢化

県は10日、散弾銃など有害駆除に使う「第1種猟銃」について、昨年度の県内狩猟免許所持者数(速報値)が2047人、狩猟登録者数(県外在住含む)が2907人でともに前年度を大きく下回ったことを明らかにした。

免許所持者のうち20歳代は約1%だった。

狩猟者は有害駆除に不可欠の存在だが、高齢化で確保が難しくなっている実態が浮き彫りになった。

同日開かれた県議会鳥獣害対策特別委員会(関根圀男委員長)で県側が明らかにした。

Continue reading »

ツイートツイート

『知的生産のための科学的仮説思考』 竹内薫

   『知的生産のための科学的仮説思考』 竹内薫 はコメントを受け付けていません。
6月 122013
 

抜き書き、及び、メモ書き

どうしても私たちの思考というのは、合理的な説明が他にあるにもかかわらず、自分たちがそれまで信じていたことにしがみつく習性があります。(P29)

思い込みという思考パターン(P52)

Continue reading »

ツイートツイート

猟師復興計画

 世界の飢餓をなくすために群馬のイノシシを食べよう  猟師復興計画 はコメントを受け付けていません。
6月 122013
 

1 使わなくなった猟銃を譲ってください
現役を退いた猟師さんに、使っていた猟銃を譲ってもらい、それを後継者に渡す。
その時に、各猟師さんに聞き取り調査をし、データを蓄積する。
規制緩和をして、猟のときだけ、レンタルで猟銃を使えるようにするくらいじゃないと、害獣対策としての猟は進まないと思います。

2 猟師のスカウト
部活などで射撃をやっていた人や元警察官や元自衛官の人を猟師としてスカウトする。
メンバーを登録し、チームとして猟をする。
まさに、狩りというのは疑似戦争ですね。

戦国好きの人にも参加してもらってもよいかもですね。

Continue reading »

ツイートツイート