6月 162013
 


2ch MONA. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

2ちゃんねるで、アフィリエイトの板を見ていたら、おもしろいスレッドがあったのでメモ的に記録。

大工の俺がアフィリエイトで1万稼ぐスレ
http://www.logsoku.com/r/affiliate/1370539236/

そのスレの主人公?主人?であるカンナちゃんのブログ
エリート中卒ちゃんねる。
中卒引き篭もりのニートがアフィリエイトで1万稼いでご飯の上にたらこをのせるまでの道のり。
http://chuusotu.blog.fc2.com/

カンナちゃんのアフィサイト
DIYツール 工具紹介
http://www.diytool.biz/

DIY関連のサイト

ツクリスト
http://tukurist.com/

kufu
http://kufu.jp/

コメントにも書かせてもらったのですが、アフィリエイトで一番難しいのは、続けることでしょうね。
1年間続けるのは、まぁ、簡単です。2年ではどうでしょう?3年以上は?ずっと同じテーマで続けられますか?

また、記事を200までなら比較的簡単に書けます。それを500~1000にするというのは、非常に大変です。
※この駄ブログでさえ、まだ8か月、記事数もようやく200を超えたところです。

ですから、毎日、コツコツと続けられれば、月に1万円のアフィリエイト報酬も難しくはないでしょう。
カンナちゃんも2ちゃんで言ってましたが、「好きでも得意でもない分野、例えば「アトピー」についてのサイトは作れないが、自分の好きな分野なら作れると思う」 
まぁ、ここがポイントでしょうね。

アフィリエイトは続けられることが一番の課題なのですから、ポイントは続けられることという、ごく当たり前のことになります。
ポイントをもっと具体的にしぼると2つのどちらかになります。

1 本業のサイトにアフィリエイトをくっつける

2 趣味の分野で行う

1の場合は、仕事として本業があり、それに関するサイトにアフィリエイトをくっつけて、ネットでプラスの収入を得ようということです。これならば、ネタにも困らず、工夫次第でどんな風にも広げられます。
よく自分はサラリーマンだから、という感じで仕事をネタにできないみたいに思っている人もいますが、そんなことはありません。
ネタは、探すものであり、作るものです。また、自分では当たり前のことでも、一般の人には「なにそれ?」っていう感じの話は、けっこう多いです。

2の場合は、趣味の分野なので、はじめから儲けようとは思わずに、とことんおもしろいブログにしようと決めて、それを続けるのが大事ですね。
好きなことをブログにするので、まぁ、飽きはしないと思います。続けられるかどうか別問題ですが。

とにかく、アフィリエイトというのは、続けられることが大切ですね。

自分はアド専(グーグルアドセンス専門)なので、商品を買ってもらう系のアフィリエイトは、本当に苦手です…。というか、成果をあげたことがありません…。

なぜ、カンナちゃんのことを取り上げたかというと、どことなく好印象を抱かせる何かを感じたからです。
言葉使いやアラシへのあしらい方、2ちゃんのスレッドコントロールなど、とても上手だと思います。
ちょっと プクちゃん を思い出します。

アフィリエイトを通して購入する動機付けとなるものには、2種類あると思います。

1 単純にサイトの中身を見て購入する

2 サイトの運営者の人柄で購入する

みなさん、1ばかりだとお思いでしょうが、意外に2もバカにならないのです。
例えば、Aというサイトとカンナちゃんのサイトで、紹介しているものの情報も料金も同じだったとしたら、購入の最終決定事項は何になるでしょうか?

それは、そのサイトが、(心情的に)いいかどうかです。しかも、今は無機的なサイトが多いので、むしろ人間的要素を前面に出し、人柄をアピールした方が購入につながりやすいと思います。その素養がカンナちゃんに感じられました。

また、ネット売買に特有なのが、「キャッシュ」というものです。
カンナちゃんの人柄にほれた人が多くなれば、紹介しているDIYグッズは買わなくても、キャッシュを踏んで、別の何かをわざわざ購入するということはありえます。
これはプクちゃんのときに現れた現象です。

というわけで、サイトの見栄えをよくしたり、情報を詳しく伝えたりすることはもちろんのこと、サイト運営者の人となりをアピールした方が、個人の運営するサイトでは有効なアフィリエイトの方法だと思います。

まぁ、アフィリエイトと言っても、一言でいえば、リアルな商売とやるべきことは同じということですね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。