6月 222013
 

橋本さんの「従軍慰安婦」発言問題もそうでしたけど、今回の高市さんも同じような感じですね。

※自民党の高市早苗政調会長が「原発事故によって死亡者が出ている状況ではない」と発言した問題

結局、誰もが思っていることでも、それを声を大にして言っていいかといえば、それはよくないのでしょうね。

太っている人に面と向かって「デブ、デブ」と言うように、容貌の不自由な人に「ぶさいく、ぶさいく」と言うように、本当のことだからといって言ってもいいわけではありません。

また、両氏のこのような発言は、まさにその通りの正論なので、このような正論は反論として使うべきで、一般論として振りかざすには威力がありすぎるのでしょうね。

まぁ、政治家の発言は部分を切り取られて、メディアにいいように加工されてしまうので、発言自体が難しいんでしょうけどね。

ただ、メディアに喧嘩を売るような正論を振りかざすと、このようなかたちで取り上げられ、部分をオートリピートされるので、正論は反論のみに使うのが妥当なのでしょうね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。