7月 052013
 

小5自転車衝突、母親に9520万円賠償命令

神戸市北区で2008年9月、当時小学5年生だった少年(15)の自転車にはねられて意識不明の状態が続いている女性(67)の夫と、保険金を支払った損害保険会社が、少年の母親に計約1億590万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。

田中智子裁判官は「自転車の運転に関する十分な指導や注意をしていたとはいえない」として、計約9520万円の支払いを命じた。

判決によると、少年は自転車で帰宅中、歩道のない下り坂で正面から歩いてきた女性と衝突。女性は頭などを強く打ち、今も寝たきり状態が続いている。

判決で田中裁判官は「少年の前方不注視が事故の原因」と認定。兵庫県警の鑑定書で、自転車の速度が時速20~30キロと速かったことなどを挙げ、「母親の指導は奏功しておらず、監督義務を果たしていなかった」と指摘し、「危険な運転ではなかった」などとする母親の主張を退けた。

そのうえで、女性の成年後見人として提訴した夫に約3520万円、保険会社に約6000万円をそれぞれ払うよう命じた。

http://news.livedoor.com/article/detail/7829274/

以上転載

以前ならば、被害者としての自転車に気をつけないさいという指導でしたが、これからは加害者にならないための自転車運転指導が重要になりそうですね。

でも、よく読むと坂道かぁ~。さすがに小学生が普通に自転車をこいで、時速20キロも出せないもんなぁ。
あれ、でも、太田でもスピードの出やすい坂道あるなぁ、ということは、まんざら他人事でもないのかな?

児童・生徒に対する加害者にならないための自転車の講習、そして、自転車の保険などが、今後盛んになるでしょうね。

それにしても、被害者の家族だけでなく、保険会社も提訴するんですね。
保険屋さんも、タダ保険金を払うわけではないということなのでしょう。

関連リンク 子供が自転車事故-9500万円支払い命令 高額賠償の現実

この高額賠償の内訳はこうだ。(1)将来の介護費約3940万円(2)事故で得ることのできなかった逸失利益約2190万円(3)けがの後遺症に対する慰謝料2800万円-など。

田中裁判官は、(1)について、女性の介護費を1日あたり8千円とし、女性の平均余命年数を掛け合わせるなどして算出。(2)は、専業主婦が入院中に家事をできなかったとして月額約23万円の基礎収入を平均余命の半分の期間、得られなかったなどとして計算した。さらに治療費などを加え、女性側へ約3500万円、女性に保険金を払った保険会社へ約6千万円の支払いを命じた。女性の意識が戻らぬままとなっていることで慰謝料などが高額となり、賠償額が跳ね上がった。

交通事故弁護士全国ネットワーク代表の古田兼裕弁護士(第2東京弁護士会)は今回の判決について「高額な賠償額だが、寝たきりで意識が戻っていない状況などを考えると妥当」と評価。ただ、「自転車だから責任が軽くなるとはいえないが、11歳の子供の事故で親がどれほど責任を負うかはもっと議論していく必要がある」と話す。

今回のように自転車事故で高額賠償が求められたケースは少なくない。横浜市で携帯電話を操作しながら、無灯火だった自転車の女子高生が女性に追突した事故では、女性が歩行困難になり、看護師の職を失った。横浜地裁は17年、女子高生の過失を認め、5千万円の支払いを命じた。

また、大阪地裁は8年、夜間に無灯火の自転車の男性が短大非常勤講師をはねた事故で、男性に損害賠償2500万円の支払いを命じている。

高額賠償の結果として、古田弁護士は「自転車利用者の多くは保険未加入で、自己破産する例も少なくない」と指摘する。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。