7月 182013
 

おにぎりで不適正な表示、2業者に是正指示

農林水産省は17日、寿司(すし)販売店「あじみ屋」(大阪府松原市)とおにぎり屋「飛騨むすび」(岐阜市)に対し、日本農林規格(JAS)法に基づく表示の是正と再発防止を指示した。

発表によると、あじみ屋はコシヒカリ以外の品種が混ざったコメを使いながら、「伊賀米コシヒカリ」と不適正な表示をして、2012年4月から約1年間、おにぎり約31万個を販売。飛騨むすびは、他県産のコシヒカリを使用しながら、おにぎりに「飛騨高山のこしひかり」と表示し、11年9月~今年3月にかけて約23万個を販売した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130717-00000924-yom-soci(※リンク切れ)

以上転載

コシヒカリ、とくに人気の魚沼産のコシヒカリなどは、出荷量の何倍もの自称魚沼産コシヒカリが流通しているとのことです。
また、お米の場合は、7割コシヒカリ3割他の似た品種ならば、味的にはほとんどコシヒカリ100%と変わらないそうです。

よく海外の映画などで、純度100%のコカインとか出てきますけど、これからは純度100%のコシヒカリなどと呼ばれるようになるかもしれませんね。

ちなみに、ルイヴィトンは、生産数の約7倍のものが商品として流通しているそうです。
いやはや、人間のブランド志向とそれを悪用しようとするイタチゴッコは、とどまることをしらないようですね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。