7月 192013
 

肥満抑制の遺伝子発見=壊すとマウス体重2倍―名古屋大

肥満を抑えるのに重要な遺伝子をマウスの実験で発見したと、名古屋大の浅井真人特任講師と米英の共同研究グループが発表した。この遺伝子を壊したマウスは体重が2倍になったという。研究成果は19日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

浅井特任講師は「肥満予防の新薬開発や、少ない餌で家畜を太らせる産業利用が期待できるのではないか」と話している。

この遺伝子は脳の視床下部で働く「MRAP2」。研究グループはMRAP2を遺伝子操作で壊したマウスと通常のマウスに、生後1カ月から150日間、好きなだけ餌を食べさせた。

遺伝子操作マウスの方が1割ほど多く食べ、体重は通常マウスの2倍の50グラムまで太った。脂肪の燃焼量や運動量に差はほとんどなく、餌の量が同じになるよう調整しても、遺伝子操作マウスの方が太ったという。

一方、グループの英国チームが人間の全遺伝情報(ゲノム)のデータを調べたところ、肥満患者864人のうち4人でMRAP2に変異があった。肥満ではない1864人からは見つからなかった。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130719-00000008-jij-sctch(※リンク切れ)

以上転載

>少ない餌で家畜を太らせる産業利用が期待できるのではないか

う~ん、これはおそろしいことですけど、ありえる話ですね。
今までは、餌の調合で、家畜をいかに短期間で太らせるかという時代でした。これからは、こういった感じの遺伝子操作の時代になるかもしれません…。
これが ファクトリーファーム の進む先なんでしょうね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。