7月 212013
 

【1ケ月後にお盆を控えた昨日、今月初めての散骨でした。
5名の方の散骨に家族8名が同行され、お一人は事務所に来て貰い我々と同じ車で、他の7名は現地に近いコンビニで待合せをしての散骨です。】

http://ameblo.jp/anshin-support/entry-11573787231.html

なるほど~、これはすごいですね。
あんしんさんはもちろん葬儀屋さんです。しかし、利益率からいくとむしろ葬儀がフロントエンドで、散骨がバックエンドという具合になるかもしれませんね。

仮に、方向性として火葬式+散骨=198000円のプランがメインになりますと、散骨の5万円がまるまる利益にならなくとも、そうとうの粗利益を生むことになります。
※あんしんさんの散骨場は、支援者の方から寄付されたと記憶しています。

仮に散骨の実費が1万円だとしても、4万円はまるまる利益になります。
20万円のうちの4万円が、まるまる利益になるというのは、これはものすごい利益率ですね。

このやり方ができれば、全国に「あんしんサポート」を展開するのも夢ではないでしょう。
火葬式+散骨のセットで20万円。
東京など都市部を除く県に1つのあんしんサポートと1つのあんしんサポート所有の散骨場を持つ。
最悪、散骨場は各県に1つでなくてもよいとすれば…。

ポイントは散骨場を無料で手に入れられるかどうかですが、NPO法人という良い意味での特性があるので、土地の所有者、つまり理解者の方には理事になってもらえば、話はスムースに運びそうです。
ただ、あまりおおっぴらに散骨をアピールすると自治体からのクレームが入りそうですが。

これからの格安葬儀は、散骨まで行えないと話にならないかもしれませんね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。