絶滅寸前のウナギ そして、食料問題を考えよう

 世界の飢餓をなくすために群馬のイノシシを食べよう  絶滅寸前のウナギ そして、食料問題を考えよう はコメントを受け付けていません。
7月 222013
 


うなぎ 満寿家(浦和) / yto

ウナギ絶滅のピンチ きょう土用丑の日/乱獲の規制 水質環境の改善が急務

ニホンウナギ稚魚の漁獲量は1960年代の5%ほど。ウナギは人工ふ化技術が確立していないため、稚魚は全て自然界に頼らざるを得ません。取引価格は年々高騰し、今年は1キロ250万円にも。「白いダイヤ」ともいわれ、密漁者の摘発も急増しています。

エサにこだわり、水質管理も24時間気が抜けないという堀内さん。「このままでは資金力のある大手しか生き残れない。うちもいつまでもつか不安でたまらない」。日焼けした顔に汗をにじませます。

浜名湖養魚漁業協同組合によると、養殖業者は40年前の約300軒から27軒にまで減っています。

環境省は今年2月、ニホンウナギを絶滅危惧種に指定。国際自然保護連合(IUCN)も絶滅のおそれがあるとしてレッドリスト入りを検討し始めました。

Continue reading »

ツイートツイート