8月 122013
 

とりあえず自分にできるのは「普通のカレー」を作ることなので、周りの特色あるカレーを提供する店との差別化の意味も込めて徹底的に「普通とはなにか」ということを考えることにした。

そうした結果でてきたキーワードは「毎日食べることができる」というコンセプト。

それにそって既存のメニューを少しずつ見直し、栄養バランスが整っていてマイルドな味付けを心がけることにした。

辛いカレーが好きな人でも毎日は食べたがらないだろうと。

その上で「この街にカレーを楽しみに来る」という客のニーズを考えて、自分の店でだけじゃなくて周りの店も含めてカレーを楽しんでもらおうと、積極的にライバル店を紹介することにした。

「例えば向かいのAという店は、スパイシーなインド風スープカレーを提供していて熱い夏の日にはぴったりです」というような感じで、近隣のカレー屋マップも作ってみた。

新しい店が出来たらすぐに紹介もする。

ただあくまで自分の店が味の基準で、自分の店との比較で周りの店を味わって楽しんでください、というようなスタンスは保ち、客に対して無意識に自分の店を起点に街のカレーを楽しむように誘導した。
(この辺前に紹介したマエアツ戦略とも似てる。)

店の内装もおしゃれに対抗するのはやめて毎日カレーを食べるようなカレー通好みのゴタゴタしたB級感を意識することに。

客の意見を積極的に取り入れてカレー通が好きそうな漫画や週刊誌を積極的におくようにした。
(結果的に雑誌ならモーニング、Friday、ビックスピリッツ、漫画ならゴルゴ13、白竜というところに落ち着いたらしい。笑)

そうするとカレー通がベースキャンプのように自分の店を利用してくれるようになって「とりあえずあそこに寄る」という常連客が増えた。

結果として地域で一番特徴がないけれど、常にそれなりに繁盛する店になった。

店の親父さん曰く「お客さんが導いてくれただけ」とのこと。逆に「自分で考えて何か新しいことしようとしたら全部失敗した。結局頭で考えてたことは上手くやりきれない。」とのことだった。

なんだか目から鱗の話で、「結局なるようになるんだからお客さんに流されるしかない」という達観を親父さんからは感じて、さながら悟りを開いたブッダのように見えた。

http://blogos.com/article/67974/

なるほどですね~、ものすごくわかります。
わたしもどちらかというと自分の意見を押し付ける方なので…結果は散々です…。今の時代は、お客さまも自己主張が強くなっているので、お客さまの意見に流されるくらいがちょうどよいのかもしれませんね。

>ベースキャンプのように自分の店を利用してくれる

これは結果的にこうなったのでしょうが、すごいことですよね。
なかなかできないことです。こうなるともう自分の店がその業種の中心店ということになり、自然と人も集まるということですね、勉強になります。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。