町おこし企画 「とにかく町中 どこでもネットがサクサク」

 アイデアポケット  町おこし企画 「とにかく町中 どこでもネットがサクサク」 はコメントを受け付けていません。
8月 202013
 

日本に仕事で来ている。先日、シャワーを浴びてホテルの自室でぼんやりテレビを見ていたところ、とある番組で、徳島県の神山町の話を特集していた。

IT関係の方々はご存知かもしれないが、四国のリアル田舎にある神山町は、ハイスピードインターネットが町中に敷かれており、ネット回線さえあれば基本的にどこからでも業務ができるIT関係者・特にソフトウェアエンジニアたちが、仕事の合宿に来たり、そのまま移り住んでいる。

Continue reading »

ツイートツイート

『食の戦争 米国の罠に落ちる日本』 鈴木宣弘

 農ミュージック農ライフ  『食の戦争 米国の罠に落ちる日本』 鈴木宣弘 はコメントを受け付けていません。
8月 202013
 

過保護は大ウソだった 日本の農業が衰退した本当の理由

現在、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉における最大の焦点となっている、日本の農業だか、これまで“閉鎖的”でなおかつ“過保護”であると、しばしば諸外国の非難を浴びてきた。
だが、東京大学大学院農学生命科学研究科の鈴木宣弘教授は、この見解に対して首を横に振る。

「まずハッキリさせておきたいのは、日本の農産物市場はまったく閉鎖的でないということです。それどころか一般的に“聖域”と呼ばれるコメ、小麦、乳製品、砂糖、牛・豚肉の5品目を除けば、日本の農産物の関税は野菜類が3%、生花が0%といったように、先進国の中でも極めて低い。どんどん関税を下げていった結果、日本の農業が衰退していったと考えるほうが正しいのです」

Continue reading »

ツイートツイート