9月 232013
 

「営業企画部部長職として、東京セントラル証券への出向を命じる」

まさかの半沢の出向辞令で、幕を閉じたドラマ『半沢直樹』です…。
伏線として、大和田常務の処分が、出向ではなく、取締役への降格だったので、もしかしたら、半沢は…、と思いましたが。

なんとも後味の悪い終わり方です。
でも、この方が物語の完成度は高いでしょうね。安直なハッピーエンドよりも数段出来はいいです。

大和田常務の上をいった半沢次長、しかし、その上をいった中野渡(なかのわたり)頭取…。
う~ん、すばらしい。

あのまま半沢がハッピーエンドで終わったら、中野渡頭取がただの「あほう」というだけの存在で終わってしまいます。
半沢という懐刀(ふところがたな)で、大和田を切らせ、その懐刀が切れすぎると判断するや、それすら処分してしまう。
伊達にメガバンクの頭取になった器というわけではないと、暗に示しています。

俗に銀行は

“太陽の照っている日に傘を貸し、雨が降ってきたら取り上げる”

と言われています。

中野渡頭取の半沢への出向命令は、「それのどこが間違っている?」と銀行のロジックを示しているように思えます。
上が黒といったら、白いものでも黒なんだと。

太陽が照っているのに、傘を貸したのは、借りたいと言われたからで、雨が降ってきたら、自分が濡れないように傘を返してもらうのは当然ではないのか?

というような、銀行側のロジックもあるのです。

それにしても、故事成語で「漁夫の利」という言葉がありますけど、実際に見たのはこれがはじめてかもしれません。
まぁ、ドラマですけどね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。