10月 042013
 

発表では、逮捕されたのは、同府城陽市寺田の職業不詳の男(34)。6年前から精神疾患で通院歴があり、犯行前日の2日も通院していた。調べに「長男をたたきつけた」と認める一方、「霊が見え、子どもと車が壊れた。呪われている」とも供述しており、同署は刑事責任能力の有無も調べる。

川底に長男たたきつけ死なせた男…警官が発見 より

世の中には今でも「霊がみえる」「霊感が強い」「声が聞こえる」などという言う人がいたり、それを信じている人がゴマンといます。
もちろん、その人が「見えている」のだから、それはそれで「真実」なのでしょう。

しかし、通常は上のニュース記事のような感じですよ。
上の人を指して「霊能力者」っていう人は多分いないと思います。

むしろ、上の人などもひっくるめて「霊能力者」と呼んでいるのなら、わたしもその定義に納得します。
精神疾患がある人が「霊がみえる」というと OOB で、いちおう日常生活に支障を来していない人が「霊がみえる」というと、霊能力者というのは、ちょっと合点がいきません。

それだったら、双方とも「統合失調症」というククリの方が、むしろすんなりいく気がするのは、わたしだけでしょうか?

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。