10月 142013
 


営業部長 / amadeusrecord

基本的に、人にモノを売るという営業の仕事は大変なものです。
なぜなら、その仕事のうち、断られることが大半以上を占めるからです。
決して自分の人間性を否定されているわけではないのですが、人間として他人に断られる続けるというのは、これは精神的にキツイものがあります。

なかには、性格として「M」の気があり、「わたし、断られるのが快感なんです!」っていう人ならば(※いや、実際にいたんですよ!その人は、社内でも営業成績トップということでした)これは営業適性があるのかと思われますが、大半の人はそのような性質ではないので困ってしまいます。

まぁ、こんな時は、割り切って成功している人の真似をするしかないですね。

ただ、わたしの仕事(整体)は、仕事自体は良いことをしているという強い自負心はありますので、変なモノやお客さまに不要なものを売りつけているというやましさは、これっぽちも感じる必要はありません。

いいものが売れないというのは、自分が勝手に良いと思いこんでいるだけか、営業不足のどちらかだと思います。

整体の場合は、明らかに後者ですので、これからの時代は、きちんとした営業が必要になると思われます。
※というか、成功している人は、きちんと営業(や経営)をしています。

その時に、同業者に学ぶのもいいのでしょうが、異業種の、それも難しい営業のトップから学ぶという方が、より良いように思われます。

例をあげれば、自動車の営業、住宅の営業、そして、保険の営業といったところでしょうか。

ただでさえ売りにくいモノを、バンバン売っている人たちの営業のキモを盗んで、整体の営業に応用してしまえば、これはまさに「鬼に金棒」です。

なぜなら、「整体」自体は非常によい商品ですし、そもそも保険のように熱心に「整体」を売っている人(ところ)は、ほとんどないでしょうから。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。