11月 132013
 


The Fundraiser issue 1 / HowardLake

Mさんをみていると、基本的にMさんがやりたいことは「社会貢献」、もっと言えば「かっこいい社会貢献」だと思うんですよ。
それでは具体的な行動として何をしたいの?と聞かれたらどうお答えになるのでしょうか?

例えば、わたしなどは、「自然食を通じた世界の飢餓を撲滅する社会運動」というようなミッションのもと、狩猟活動などを行いたいと思っています。
それではMさんには、具体的な行動としての目標というか、指針はありますか?

と、多分、それは見えていないのかな?というのが、わたしの実感です。
つまり、漠然と「かっこいい社会貢献」がしたいだけだというビジョンしか見えていないのかなと思います。

しかし、だからといって、それがダメかというと、そうではありません。
そもそも、組織のトップ、いわゆる社長業には2つの重要な仕事があります。

まず1つは、仕事を作り出すこと
やるべき仕事(ミッション)がなければ、組織としての存在理由はありません。

もう1つは、お金を作りだすこと
いくら1の仕事があっても、組織をうまく動かせるだけの設備費や人件費などのお金がないと、組織は成り立ちません。
というよりも、スタートアップできないと思います。

かっこいい社会貢献活動において、それ、つまり何らかの社会貢献を行いたいという人はたくさんいるでしょう。
ですから、1の「仕事を作り出すこと」は不要になります。

社会貢献はしたいけれど、それを始めるための費用がない(足りない)という組織が圧倒的に多いと思います。
ですから、重要なのは2の「お金を作りだすこと」ということになります。
ほとんどこれだけかもしれません。

ですから、Mさんは、この2の「お金を作りだすこと」に特化した、かっこいい社会貢献を行うのがよいのではと思います。
かっこいい社会貢献をしたい人(組織)を費用面でバックアップする社会貢献ということになります。

まぁ、このように考えている人も多いでしょうから、今は「クラウドファウンディング」などのNPO組織も数多く出てきました。
ですが、このような組織はまだまだ足りないと思います。

そこでMさんの現在の人脈や今まで培ってきた営業力を活かして、既存のクラウドファウンディングの組織以上のものを作り上げてみてはいかがでしょうか。

日本ではNPO法人はまだまだ認知度も低く、NPO=ボランティア=無償というイメージが強く根付いています。

しかし、本場のアメリカでは年収が数千万円のNPO事業者はゴロゴロいます。
それはNPOの重要な仕事、つまり2の「お金を作りだすこと」を数値的に、実にドライに評価しているからです。

NPO活動における主な収益源は寄付です。
例えば、わたしが1000万円の寄付を集め、生活費として「300万円」自分の給与として与えます。
優秀なMさんは、2000万円の寄付を集め、生活費として「600万円」自分の給与として与えます。

給料としては、わたし=300万円、Mさん=600万円です。
組織の活動費としては、わたし=700万円、Mさん=1400万円集めているということです。
これを見れば、どちらが優秀なファンドレイザーか一目瞭然でしょう。
※ファンドレイザー…寄付や募金を集める人

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。