11月 172013
 


Peace Of Mind / Iqbal Osman1

最近のあんしんサポートの代表、武井さんのブログがおもしろいです。

葬儀について・・・我想う
767. 一般家庭への飛び込みセールス時代

営業についての話です。

下手な営業本を買うより良いかもしれません。
というか、どの営業本も煎じつめれば似たようなことが書かれているので、ブログ(タダ)で読める分だけ、武井さんの話はいいのではといった感じです。

営業に限らずですけど、やはりうまくいっている人、俗に「成功している人」というのは、それなり以上の努力をしていますよ。
まぁ、やることをやっているから、その成果がついてきているだけ、という見方もできます。

凡人と成功人の差は、結局のところやるか・やらないかの差だけのような気がしますね。

自分なぞは、頑張らないから結果がついてきていないとわかっているので仕方はないのですが、世の中には頑張っているけど結果がついて来ないと嘆いている人はたくさんいます。

そういう人にこそ、読んでもらって、思考を変え、そして、行動を変えるための良い営業のテキストになっていると思います。

まず、自分などはお客さんのために徹夜をして資料を用意する…などということは出来そうにありません…。
ようは、そういった努力をなんとも思わずに出来る人、努力とも思わない人がうまくいっているのでしょうね。

本質は、別に徹夜をしろとかそういうことではありません。
大切なのは、お客さんのために100%尽くすこと…ではなく、自分のベストを尽くすことです。
一見、お客さんのために100%尽くすことは良いことのように思えますが、それでは単なる奴隷になってしまいます。

大切なのは、出来ないことは出来ないと言い、出来ることを最大限行うということです。
また、出来ないことも出来る範囲において努力してみたり、次に会う時までに出来るようになっていたり、その道筋をつけたりといった、ようは行動の100%をお客さまに向けることが重要なのです。

つまりこれはベストを尽くすということで、「言うは易し行うは難し」のことわざ通り、凡人凡夫にはなかなかどうして難しいものでございますね(;^_^A

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。