11月 292013
 


キツネアナ と読みます / kikmoyoo

菊川署は28日、御前崎市の男性(72)宅に息子を装った電話をかけ、男性から現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いで自称京都市の無職の少年(17)を現行犯逮捕した。同署によると、男性に息子はいないという。電話を受けた男性が警察に通報した上でだまされたふりを続け、男性宅に現金を取りに来た少年を署員が取り押さえた。

逮捕容疑は仲間と共謀して同日、男性宅に息子などを装って数回にわたって電話をし、「1700万円の小切手や重要書類が入ったポーチを落とした。何とかして」などとうそを言って現金をだまし取ろうとした疑い。同署によると、少年は「東京で知らない男に書類を受け取るように頼まれただけ」などと容疑を否認している。

だまされたふり 息子装う少年逮捕 菊川署 より

これ、昨日の読売新聞にも似たような記事が載っていたのですが、「騙されないように!」と呼びかけると、かえって「(わたしが)騙されるわけないじゃん」と意固地のような心理状態になって、かえって逆効果なのかもしれません。

ですから、「騙されてください!」とわざと逆の言い方で注意を喚起させ、「わざと騙されたふりをして、警察にご協力ください」とした方が、怪しい電話=振り込め詐欺という心の準備ができている分だけ、騙される確率は下がる名案だと思います。

ただ、最近は相手も巧妙になってきているので、ミイラ捕りがミイラになりかねないので、あまりおすすめできるものではないですけどね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。