12月 142013
 


LAWSON ローソン / Yuya Tamai

NTTコミュニケーションズは12月14日より、プリペイド式のデータ通信SIMカード「OCN モバイル ONE」を発売することを発表しました。それもなんとローソンで。

ローソン店内のギフトカードコーナーに下げられる形での販売となりますが、実際のSIMカードは同封されていないようです。利用するまでには、申し込みWebサイトにアクセスしてパッケージカードに記載されているコードを入力して申し込み。その後約1週間でSIMカードが届くというシステム。

なお、「OCN モバイル ONE」の詳細は以下のようになっています。

【プリペイドSIM初回パッケージ】
料金 3,980円
利用期間 30日間
利用容量 30MB/日
最大通信速度 受信時最大150Mbps
送信時最大50Mbps
容量超過時最大通信速度 200Kbps

【プリペイドSIM延長パッケージ】
料金 2,980円
利用期間 +50日間
利用容量 30MB/日
最大通信速度 受信時最大150Mbps
送信時最大50Mbps
容量超過時最大通信速度 200Kbps

ちょっと割高感も否めない?

また、せっかくのプリペイドなら、買って、すぐ挿せて、使いきれる! 的なサービスだともっと嬉しかったんですが……。国内だとなかなか難しいシステムなのかもしれませんね。

温めますか? ローソンでデータ通信用SIMが販売開始 より

なるほど、これは筆者も感じている通り、日本国内で“日本人”が使うには、使い勝手の良くなさ+割高感で、まぁ良いとまでは言えないサービスでしょうね。

でも、このSIMカードの使用対象者を日本へ来る“外国人旅行者”と想定してみたらどうでしょうか?
※おそらく時代の流れとしてその想定だと思われ

例えば、群馬県の観光課が、プリペイド式のSIM付きの端末を1日に200円で、外国人旅行者に貸し出すとか、そういった感じです。

そうであれば、通信費をだぶつかせる無駄もありませんし、予約制にでもすれば効率はすこぶるいいと思います。
もちろん、これで収益はあがらないでしょうが、観光促進の一環として取り入れれば、その方が効率的にもイメージとしてもアップすると思います。

県や市の行政単位ではなくても、ホテルや旅館などが個別のサービスとして行うというのも、いいのではないんでしょうかね。

なにせ少しくらい高くついても「プリペイド式」というのは、使う方も貸し出す方も利点はそれなり以上にあると思います。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。