12月 172013
 


年賀状(用ハガキ)を作成 #shoot1230 / chidorian

先のブログ(反社会的活動ではなく、“新”社会的活動を)の動画を見ていたら、おもしろいアイデアがありました。

1,000円分の木材ペレットを買ってもらうために、あるハガキを用意します。
それは1300円のハガキなのですが、それを投函した数日後に木材ペレットが宅配されるのです。

確かに個人でまとめてペレットを買っておくのは安く済むでしょう。
しかし、その置き場所に困ります…。

それを考えると、なくなりそうになったら届けてくれるというサービスは、これは非常に良いサービスですね。

これは木材ペレットに限らず、既存のサービスの付加価値としても利用できそうです。
つまり、なくなりそう、もしくは必要な頃合いになったら、ハガキを出すのです。

もちろん、直接電話してもいいのでしょう。しかし、木材ペレットの場合、先払いで料金をもらっている(=1300円のハガキ)ので、事業としては資金繰りの面で非常に助かります。

このアイデアの応用として、お店が「最近どうですか?」という誘いのハガキを出すのではなく、「そろそろお願い」とうお客さまのハガキにするのです。

つまり、先にお客さまにハガキを渡しておき、つまり前金でもらっておき、その後にサービスをするのです。

ちょっと、わたしの場合(出張のまっさ屋さん)は、それだと料金的に前金はキツイかな?
でも、宣伝としてハガキを送るよりも、既成のお客さまに前もって、次回の予約をかねた「そろそろお願いハガキ」 これは、非常におもしろい宣伝だと思いますね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。