12月 212013
 


Ezoshika(Hokkaido deer) エゾシカ(岩尾別, 知床) / jetalone

多摩動物公園(東京都日野市)は、北海道で駆除したエゾシカの肉を、園内で飼育するライオンの餌に活用する検討を始めた。シカ肉は高たんぱく、低脂肪でライオンの肥満防止に役立つ上、試食させたところ食欲も旺盛だった。駆除された野生動物の肉を動物園が餌に使うことは極めて珍しい。野生動物による農作物や山林の被害が全国的に広がる中、新たな取り組みとして注目を集めそうだ。

農林水産省と北海道によると、2011年度の野生鳥獣による農作物の被害額は全国で226億円。内訳の第1位はシカ(約83億円)で、うちエゾシカが77%を占めた。エゾシカは1頭から約20キロの食用肉が取れるが、冬季の脂が乗った肉のほかはあまり人に好まれない。11年度に北海道で狩猟・駆除された約13万5000頭のうち、食肉処理されたのは約1万9000頭と14%ほどしかなく、肉の流通量は乏しい。

こうした状況を受け、北海道浜中町のNPO法人「えんの森」前事務局長の河原淳さん(54)が「エゾシカ肉を動物の餌に活用できないか」と同公園に提案した。今年9月まで計9回、ライオン、トラ、ユキヒョウにエゾシカ肉を与えてみたところ、特にライオンがよく食べたという。

同公園はライオン16頭(雄5、雌11)を飼育し、2日に1回、馬肉8~5キロ、ニワトリの頭3~2.5キロを与えている。ブラジルなどから輸入する馬肉(年間約36トン)のうち約3トン分をエゾシカ肉に変更できるか検討中だ。

同公園と浜中町は、町に生息する世界最小級の哺乳類「トウキョウトガリネズミ」の共同研究をきっかけに07年、野生動植物の保全に関するパートナーシップ協定を結んだ。昨年5月に町を訪ねた田畑直樹園長(60)が町幹部や河原さんと懇談した際、「駆除したエゾシカの処理に困っている」という話題になり、今回の提案につながったという。

河原さんは「駆除したエゾシカを動物園で有効活用できればハンターの雇用にもつながる。野生動物との新たな関わりとして全国に提案したい」と語る。

<駆除のエゾシカ肉>東京・多摩動物公園でライオンのエサに より

いや~、これはすっかり盲点でしたね。
駆除肉 → 人間 ということばかり考えていて、動物が食べるという選択肢は、すっかり抜け落ちておりました。

確か、吉野家とかで、あまったクズ野菜を動物園に寄付しているとかありましたよね。
その関連で、ここは気づくべきでしたね~。

動物園はなくなることはないでしょうし、肉食獣がいる限り、一定量の「肉」は必ず必要となります。
特にシカ肉は人気のない肉なので、駆除した後の処理に困ることもあります。

そこで、動物園に買い取ってもらう(+自治体の寄付など)ことで、人による永続的な駆除、計画的な駆除というものができるかもしれません。

いやはや、これは驚きとともに、狩猟界の前途を明るくするすばらしいアイデアがあったと喜ばしい限りです。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。