1月 302014
 


手のりたま / yto

何が問題かって? 
ずばり、「人脈作り」を自己中心的に解釈しているところだよ。

「私」は名刺を渡した。「私」はフォローをした。「私」は、仕事があったら「私」に連絡してくださいとリマインドした。……どこもかしこも「私」だらけだろ。

そんな状態で、相手にはいったい何の得があるってんだ。たまたまあんたのサービスを相手が必要としてるという奇跡的な状況でもない限り、相手があんたとの関係を築くことには、何のメリットもないんだよ。

人脈作りのイベントにたくさん参加したって言うけど、いったいどんな心構えで参加したんだ。

どうせ「仕事をくれそうな人と会えるかな」「このイベントには潜在的なビジネス機会があふれてる」なんてよこしまな考え方だろう。最初っから自己中。だから、人脈作りなんてもんは、いつも失敗に終わるんだ。

じゃあ、どうしたらいいかって?

人脈作りなんてやめちまえ!

まずは、地元のビジネスイベントを「人脈作りのチャンス」と思うことをやめろ。そうではなくて、「人助けのチャンス」だと思うんだ。

与えられる者ではなく、与える者になれ。自己中な考え方を改めろ。それは必ず自分のところに戻ってくる。ホントだぜ。

本当に大事なこと

人と会い、相手を助ける方法を考える。相手のビジネスを知り、相手の痛みや課題を把握する。これを心がけるといい。

そして、相手の役に立ちそうな記事、電子書籍、アプリケーション、仕事があったらそれを相手に送る。見返りを期待しない。誠実であれ。

人脈作りなんてやめちまえ! ビジネスの基本は「人助け」だ より

う~ん、言葉遣いは乱暴ですが、実に本質を捉えていると思います。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。