2月 212014
 


ホリエモンTシャツ / otsune

堀江氏は「というわけで晴れて都内某所に住所はシェアさせてもらって正式にノマド生活をスタートさせることになった」と告白。ただ、ノマド生活を始めるにあたり「金融機関とか公的機関の住所変更手続きには手を焼いた。マジで。普段使わない暗証番号がないとネットで手続きできなかったり、久々に警察署にも行きましたよ」と不便なこともあったと困惑する。

一番困ったのは“某ネットバンクの住所変更”だと言い「なんか本人確認用に運転免許証か保険証が必要だとか言って、アプリで写真撮って送れるようにはなってるんだけど、ちょっと暗かったりすると送り直せとか、普通に明るさをレベル調整すりゃいいだろっての」と堀江節で不満をつづった。

さらに「あー、面倒くさかった…こういうの社会保障番号とかできたら一発で変えられないんかな…ってか住民票とか古くさい仕組みなくしてほしいよ。定住しなくったっていい時代でしょ。今」と最後まで堀江節は続いた。

ホリエモン 六本木ヒルズ“卒業”し、ノマド生活を開始 より

こういうのって、実際の暮らしと制度としての暮らしの不具合・不一致がわかって、おもしろいです。

・本人確認
・住民票
・印鑑

これらのものは、もうわけがわからないです。
特に印鑑…なんなんだろうなあれは。

目の前に本人がいて、身分証もある。でも、サインはダメで印鑑じゃなくちゃいけないって、どこのわけわからんレイヤーの制度なんだよ、といつも思ってしまいます。

よくわからない世界です。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。