2月 212014
 

遺品整理のポスティング 
お悔やみ欄に載ってから、2か月後にポスティングを行う←葬儀後、49日も済ませ、ある程度落ち着いた頃に宣伝をする

ウェブ管理者の派遣
ウェブ担当者をおけないくらいの小さな会社に、ウェブ担当者を派遣する。
普段は、自宅ワークにする。

預骨サービス
お墓が決まらない人のために、しばらくの間、お寺で遺骨を預かるサービス。
1度の契約(5万円くらい?)で2年間まで。無縁仏になったら、お寺の裏山に散骨供養する。

ドラゴンクラウド
クラウド型のゲーム開発

ハンドレッドワークス
もともと「百姓」とは、100の仕事ができることから由来する。
いろいろな人のできる“仕事”を登録しておくサイト。

ノーマネーの虎
「いくらほしいですか?」
「0円で!」
店舗や機材など、現物支給を募り、0円で何かを始められるようにする取り組み。
スタート時は、0円で利益が出たら後払いでもおもしろいかも。

デジタル寺子屋
お寺で行うウェブカメラを使った無料の学習塾。
寺とウェブというギャップがキモ。

マネーの子猫
多くの人から低額の融資を募るクラウドファウンディングのようなもの。
ニコ生などで、本人が意気込みなどを主張する。

ソーラーパネルの保守・点検
電気の資格をとって、ソーラーパネルのある家庭や企業の発電効率などを検査する。
あくまで、フロントエンドなので、無料か小銭程度の報酬。

ブラックハンバーグ
ブラックバスやブルーギルなど、外来魚駆除のためそいつらをハンバーグにして食べてしまう食への活用。
ハンバーグ(ミンチ状)にすれば、味はごまかせるし、ソースの味がメインになるので、むしろ美味いかもしれない。
ただし、手間がかかるのが難点。

クラシックカーやクラシックバイクの買い取りの仲介
田舎の倉庫に埋もれている古い車やバイクを、売りたい人と買いたい人とをつなぐ。
売りたい人から売り上げの5%、買い取り業者から売り上げの5%の報酬という感じにして、双方を平等につなぐ。

スーパー便利屋さん
NOと言わない便利屋さん。すべてのご要望にお応えするべく、情報収集能力を常に高め、他業種との連携をたもつ。

社長システム
月収25万円で地域のためにフルに活動してもらえるシステム
寄付金に応じて、「社長」を増やす。
お客さんからいただくのは、実費や原価、交通費などのみ。つまり、「社長」の活動に利益を上乗せしない活動。
→FREEexの仕組み
社長の活動はネット上にすべて開示

廃墟不動産
ナントカという雑誌にあったアイデア
物置と化した(古)民家などの荷物を片づけて、貸し出す手伝いをする。
古民家をリフォームまでするのは大掛かりになりすぎるので、とりあえずモノを片付け、掃除をして借主にリメイク&リフォームを好き勝手にやってもらうことで、大家さんの初期費用を抑える。

キッズバレイ
https://www.facebook.com/NPOkidsvalley
「キッズバレイ」は、子供を含む若者やこれからの子育て世代が、仕事も家庭も充実して暮らせるような地域の環境づくりに取り組みます。

学割ではなく、学0(ゼロ)
学生0円の企画。インパクト勝負。

不用品のお引っ越し
不用品の片付けとうたいすぎると、不用品=ゴミというイメージになりかねない。
そこで、引っ越しというようなイメージにする。

整理整頓パック
不用品の引っ越し先をトランクルームなどにして、初月無料とかで継続契約してもらってもよいかも。

NO!と言わない何でも屋
基本的に「No」と言わないことを売りにする。ただし、自分たちがすべて行う必要はなく、もちろん常識外れの要望に応える必要はない。
※いい人戦略

0の付く日は社会貢献の日
0の付く日(10日・20日・30日)は、0円特区社会貢献の日と銘打って、0円で社会貢献をする日とする。
0円均一を行ってもいいかも。

0円ボックス
お客さまのご家庭に、「0円ボックス」という箱(段ボール)を渡し、そこに不要品を入れてもらう。後日、回収し、0円均一の際出品する。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。