2月 262014
 


Virtual Currency / IvanWalsh.com

サイトは真っ白、ツイッターも全履歴削除。かつて世界一のビットコイン交換所だった「Mt. Gox(マウントゴックス)」が口座に預かったコインごと跡形もなくドロンです。

サイトには「一連の報道とMtGoxの事業・市場への影響を考慮し、サイトとユーザーを守るため全取引きを一時的に停止することにしました」という簡単な説明が後で出ましたが、「一時的」で終わるのかどうか…投資家の間には不安が広がっています。

マウントゴックスで技術的不具合で引き出しが停止になったのは2月7日のことでした。それが今週月曜に入ってサイトが何度も落ちて、そうこうするうちツイッターのつぶやきが全部消され、ビットコイン全体の相場が下落。慌てて大手取引所5社が「他の取引きには影響ない」との共同声明を発表し、距離を置きました。マウントゴックスのCEOも業界団体理事を辞任しています。

サイバー攻撃で420億円盗まれダウン?ビットコイン大手Mt.Goxが取引停止、政府救済なし より

う~ん、これはどうなることでしょうか。
テクニカルで生み出された“通貨”。それはやはり、テクニカルで偽造されたり、持ち出されたりというのは、時間の問題だったのででしょう。

ビットコインは“もう”オワコンなのか、“まだ”大丈夫なのか?あなたの見解はいかがでしょうか?

まぁ、そもそもお遊び程度で始まった試みですから、なくなったところでどうでもいいのでしょうけどね。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。