3月 052014
 


Education vs Experience / gtalan

富山県小矢部市の北陸道上り線・小矢部川サービスエリア(SA)で3日未明、高速バスが大型トラックに衝突し、2人が死亡、乗客ら24人が重軽傷を負った事故で、死亡した小幡和也運転手(37)は2月の休日が3日間しか取得できず、3日まで11日連続で勤務していたことが4日、バスを運行した宮城交通(仙台市)への取材でわかった。

11日連勤の末…ハンドルひしゃげ原型とどめず より

神戸西署は3日、無免許で2トントラックを運転したとして、神戸市西区平野町黒田、無職、池上茂治容疑者(71)を道交法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕した。池上容疑者は「免許を取ったことがなく、20歳ごろから50年以上運転していた」と供述している。

<無免許運転>50年以上運転の71歳を逮捕 兵庫 より

こういうニュースを見ると、なんだかとても不思議な気分になります…。

免許ってなんのために必要なんでしょうか?
免許をもっていれば、果たしてそれで“安全”と言えるのでしょうか?

もしかしたら、無免許の人の方が、事故を起こしたら無免許がばれてしまうため、よほど慎重に運転していると言えないでしょうか?

だとしたら、社会に対する害悪は、免許をもっていて事故を起こす人よりも、免許をもっていなくて事故を起こさない人の方が、より少ないと言えないでしょうか?

かたちだけの免許ももちろん困りますが、免許というものが仮に「免罪符」のように使われていたら、これはおそろしいことになります。

また、これからの社会リスクとして、上のような“11連勤”などというものは、当事者にとっても社会にとっても、とても大きなリスクとなると思います。

それを防ぐためには、仕事のやり方を「複業」にシフトし、1つの仕事に業務を集中させないことが大事だと思います。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。