3月 292014
 
持ちモノ、死に方、お葬式… 人生のかたづけ整理術---遺された家族が困らないために
柳田 智恵子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 242,455

数年前には流行語にもなった「終活」。葬儀や墓を自分の望む通りにしてもらったり、財産の相続が円滑に進むようにする、いわゆる、「自分の死に対して準備をする」活動です。

NPO法人日本リビングウィル協会代表の柳田智恵子さんが執筆した『人生のかたづけ整理術』(ダイヤモンド社/刊)は、そんな自分が死ぬ前に片づけておきたい5つのことが解説されている一冊。ご家族が読んでも十分参考になります。

「家の荷物や持ち物」「お金」「葬儀」「お墓」「死に方」の5つが紹介されているのですが、生前からこれらの準備をしなかった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

あなたは「自分の死」をどれだけ考えていますか? より

上手い具合に、この手の人たちと連携できればいいですね。

だから、方向性としては、「片づけ」「インテリア」ではなく、「終活」や「生前整理」の方向から行く方がむしろ今日的でいいかもしれません。

ということは、葬儀屋さんでの「終活」のプレゼンの一環としての“片づけ”などを提案するように、フロントエンドのフロントエンドを用意するのがよいかもしれません。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。