5月 252014
 

YouTubeが動画製作者を対象に、YouTubeに追加される新機能や今後の動向を紹介する動画シリーズ「Creator Preview」を今後定期的にリリースしていくと発表しました。

第1回目のCreator Preview動画でYouTubeは動画製作者向けに既存のアプリとは別のアプリを開発していることを明らかにしたほか、今後、YouTubeに次の新機能を追加する予定であることも明らかにしました。

1つ目は、ファンが製作者に金銭を直接寄付できるようにする機能です。YouTuberにとっては広告以外の資金調達方法になります。おそらく、この機能はGoogle Walletと連動したものになるでしょうから、最初に利用できるのは送金をサポートした米国だけかもしれません。2つ目は視聴者の力を借りて動画の字幕やサブタイトルを60以上の言語に翻訳できるクラウドソーシングキャプション機能です。

YouTubeは動画製作者向けの新アプリや寄付機能、クラウドソーシング翻訳機能の提供を計画 より

どんな機能になるかわからないけど、この手の「寄付」機能って、簡単なものならば欲しかった機能なんですよね。

フェイスブックの「いいね!」やユーチューブの「グッド」を低額の寄付ボタンにする感じの簡易的な寄付ボタンの仕組み…「これってちゃんとシステム化できれば、他のサイトにも応用してもらえるし、大企業ならではの企画じゃない?」と、かつてMさんにはなしたことがあったくらい世界的な大企業でないとできないけれど、みんなが欲しがっている機能ですよ。

※この記事のネタはカンナちゃんのブログよりいただきました。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。