8月 232014
 


Platinum Elite / Robert S. Donovan

カンナちゃんのアフィリエイトぶりがスゴイことになってます。

カンナちゃんと出会ったのはいつのことでしょうか?

このタイトル「カンナちゃんのDIYアフィリエイト」の1が、2013年の6月なので、ざっと14ヶ月といったところです。

たった1年強で、その収益たるや…。

例えば、今日(2014年8月22日)のレポートは「4900円」…だいたい、月にならすと12万~15万円くらいは稼いでいるでしょう。
※7月度は「12万円」だったようです

たった1年でですよ、みなさん!!
まぁ、これくらいいくという可能性は感じていましたが、本当にそうなるとちょっとスゴイですよね。

そこで、これからのカンナちゃん、そして、それに続くエリートニートのみなさんへのブログ。

これだけーというより、これ以上ー稼ぐようになると、おそらく税金や社会保険料を払うことになると思います。

引きこもり生活をしながらも、税金を払う…う~ん、これぞエリートです。
しかし、単に社会(日本国“円”社会)に従うだけでは、ただ日本の中の“いい人”にすぎません。

ネット社会の真のエリート、エリートニートのみなさんは、日本社会に従属・迎合してはいけません。
とくに税金など払ってはいけません!ただし、脱税はもっといけません!!

それではどうすればいいのか?

税金がかからなくするには、2通りの方法があります。

基本的に税金とは、

収入 - 経費 = 所得 

の所得にかかってきます。いわゆる「所得税」です。

ですから、所得の額が、「0」もしくは「-(マイナス)」であれば税金はかかりません。また、社会保険料も最低額ですみます。

ようは所得を「マイナス」もしくは「0」にすればいいわけです!

そのためには、

1 収入をおさえる
2 経費を増やす

のどちらかになります。
エリートニートの前身であった頃、つまり、引きこもりだったころのみなさんの収入はほとんど「0」だったのではないのでしょうか?
そのため、税金も0だったと思います。

アフィリエイトで収入を得るようになった今、するべきことはもちろん2です。つまり、いかに経費を増やすかにかかっています。

しかし、ここで朗報!!

エリートニート+ネット+アフィリエイト=経費を使いやすい と、税金対策の環境は整っているのです!

例えば主食の米

もちろん、楽天などのネット販売はされております。
ということは、それを利用した比較サイトを作ればいいのです。

もちろん、比較サイトを作るためには実際に購入して食べなければいけません。
その分はどういった扱いになるか?これは経費として認められるでしょう。

同じように「たらこ」や「松阪牛」などの比較サイトも作れば、月々の食費はほとんど経費として算出されます。

生活に必要なモノは、すべてネットで購入。その商品の比較サイト(もしくは紹介ブログ)を書いて「仕事化」させる。そうすれば家に居ながらにして、収入確保+税金免除の好スパイラルになること間違いないでしょう。

ネット社会を活用して、日本という社会に依存しないで生きる…これぞ真のエリートニートです。

ツイートツイート

Ads by Google 楽天市場 アマゾン

現在コメント投稿は停止しております。